大林組 旧本店ビル (現 ルポンドシエルビルディング)

大正モダニズムの名建築として知られ、天神橋の南詰にその独特の外観で存在感を放っています。
大川の流れに面しており、春は桜、夏は天神祭や淀川花火大会などの絶好の観覧場所としても
人気が高く長く市民に愛されています。

水都 大阪の中心地として、梅田・新大阪とのアクセスもよく中之島を基点に京阪電鉄が延伸し
ますます期待が高まるホットなエリアになっています。

2Fの宴会場からは季節の移り変わりが感じられる中之島公園が眺められ
行きかう船を見ながら水辺の趣をお楽しみいただけます。